結婚式で人気の色打掛を1万円台から格安でレンタルする方法

ドレス

結婚式のお色直しや前撮りで人気の「色打掛」。

特にウェディングドレスから和装へのお色直しは、雰囲気が変わってゲストにも好評です。

しかしながら、「かわいいけど、レンタル料が高い」というイメージで、花嫁が着るのを諦める原因の一つになっています。

今回は、そんな色打掛を格安でレンタルする節約方法を紹介します!

色打掛が人気な理由

日本の伝統的な和装には、白無垢、色打掛、引き振袖、色打掛など、様々な種類があります。

最近の結婚式では、挙式でウェディングドレス、披露宴のお色直しでカラードレスを着る流れが最も一般的ではありますが、和装も日本ならではの格式高い花嫁衣裳として人気です。

特に神社での神前式や、日本庭園のあるような結婚式場での和婚では欠かせない格式の高い衣装です。

レンタルが多い理由

色打掛の場合、ほとんどが購入ではなくレンタルです。

レンタルが主流な理由は、色打掛を買える店自体がとても少ないことや、買っても結婚式の一度きりしか使用しないといった理由が挙げられます。

色打掛の相場

とても華やかで豪華絢爛なイメージのある色打掛は、花嫁衣裳の中でも高価です。

色打掛における平均的なレンタル費用は、およそ32万円です。

色打掛のレンタル費用相場は?レンタルが多い理由や選ぶときのコツ – 和婚のいろは (wakon-style.jp)

お色直しで選ばれることの多い色打掛とカラードレスを比べてみると、

色打掛のレンタル平均相場が32万円と言われるのに対して、カラードレスの平均相場は18.5万円と、10万円以上の差があります。

(参考出典:費用や人気カラーは?披露宴で着る「カラードレス」の基礎知識! | 結婚ラジオ | 結婚スタイルマガジン (niwaka.com)

そのため、「色打掛は高いので、結婚式では着ない」という人も少なくはありません。

和装の方がお値段が高いという点が、結婚式で着るのを諦める原因の一つになっているようです。

色打掛が高くなってしまう理由

特に結婚式場の提携店でレンタルすると高くつきます。

その理由は、中間手数料(マージン)が上乗せされているため。

式場提携店で衣装をレンタルした場合、紹介料として、提携店が衣装代の一部を結婚式場に支払う仕組みになっています。

そのため、どうしても価格が高くなってしまいます。

しかしながら、中間手数料の発生しない外部の格安レンタルショップをうまく利用すれば、色打掛が最安で1万円台からレンタルできます!

持ち込み料に注意

式場提携店舗以外でレンタルして式場に持ち込む場合は、「持ち込み料」が発生することが多いです。

ちなみに、持ち込み料の相場は一着5万円ほど。

式場によってはもっと高いところや、そもそも持ち込み不可のところあるので、必ず式場に確認してからレンタルするようにしましょう。

せっかく安くレンタルできても、持ち込み料を足せば逆に損してしまう場合があるので、気を付けてくださいね。

おすすめの着物レンタルショップ

格安レンタルショップの中でも、以下の条件に当てはまるオススメのお店をピックアップしました!

  • 着付けに必要な小物20点がすべてセット
  • 汚れたときの安心保証を有料で追加できる
  • コロナの影響による結婚式延期の場合、使用日の変更は無料(2021年8月現在)

THE KIMONO SHOP

白無垢・色打掛レンタルなら結婚式着物専門の【THE KIMONO SHOP−ザ・キモノショップ】
白無垢・色打掛をはじめとした結婚式の花嫁衣装を、格安でレンタルできる結婚式着物レンタル専門店【THE KIMONO SHOP−ザ・キモノショップ】古典的な着物や引振袖・紋付袴など婚礼衣装を幅広く取り揃えております【東京・大阪・福岡】

古典柄はもちろん、流行を押さえたオシャレでかわいい着物まで、種類豊富に扱っています。
一番のポイントは、初回来店限定の割引が大きいこと!!
結婚式の衣装持ち込み相場である5万円を、割引してもらえます。

スタンダード着物なら、5万円割引適応で、なんと66,000円から色打掛のレンタル可能です!

紋付袴も割引になるので、新郎新婦揃って来店するようにしましょう。

東京と大阪に店舗があり、専属スタイリストにオリジナリティのある着こなしを直接コーディネートしてもらえるため、おしゃれなこだわり派の花嫁さんにおすすめ!

ただ、初回来店限定の割引が大きすぎるため、節約のためには1回目の来店で衣装を決める必要があります。

メリット

  • 初回来店限定で、なんと持ち込み料相場の5万円割引
  • 着物の数およそ150種類と、豊富な品揃え
  • 実店舗で試着ができる

デメリット

  • 初回来店限定の割引を使わないと、そこまで安くならない
  • 貸出、返却時の送料は自己負担(往路は5,500円)

初回来店の一回で衣装を選ぶコツは後程紹介します!

私が式場提携店舗で最後まで悩んでいた色打掛二着のうち一着は、刺繡が豪華なため、式場の衣装プランから+11万円のレンタル料がかかると言われて諦めましたが、後で調べたところ、全く同じ柄の色打掛がTHE KIMONO SHOPで格安で取り扱われていました。

THE KIMONO SHOP でレンタルして11万円分がチャラになるのを知っていれば、その色打掛を選んでいたかもしれません。

あず
あず

「11万円もあれば国内の新婚旅行に行けるじゃん…」と思って、式場提携店では手が出せなかったよ。 それが格安で借りれるなんて、THE KIMONO SHOPさんの安さたるや…すごい。

Frou Frou(フルフル)

FrouFrou

Frou Frou(フルフル)は、創業50年の歴史を持つ老舗貸衣装店の楽天店舗です。

ネットショップの強みは、店舗がない分、人件費が削減され、格安レンタルショップよりもさらに安いこと。
なんと色打掛は破格の17,800円からあります。

しかも、豪華絢爛な色打掛から、インスタでも注目されているオーガンジー打掛まで豊富な品数を扱っています。

「でも、ネットレンタルは一度も店員さんと会わないので、ちょっと不安…」
と思われる方もいるかもしれません。

しかしながら、楽天のショップ総合評価も5点満点中4.93(2021年8月現在)と高得点の信頼できる店舗です。
試着についても、1回につき2着まで3,300円で試着用のお取り寄せが可能と、サービスも充実しています。

花嫁和装 花嫁衣裳 着物 レンタル フルセットレンタル オーガンジー打掛 色打掛レンタル 打ち掛け 結婚式 貸衣装 フルフル かしいしょう

メリット

  • 色打掛が1万円台から激安でレンタル可能
  • 珍しいオーガンジー打掛も扱っている
  • 往復送料無料(一部離島除く)

デメリット

  • 店舗がなく、気軽に試着ができない(3300円で二着まで試着取り寄せ可能)

安くレンタルするコツ

式場提携店であらかじめ無料試着し、同じものがあれば、提携外のレンタルショップで安く借りる方法です。

例えば、式場提携外のレンタルショップでは、THE KIMONO SHOPのように、初回来店で衣装を決めないと大きな割引がされないところが多いです。

しかし、結婚式の衣装を決めるまでの来店回数は平均1回~3回と言われており、1回で決められない可能性があります。

そのため、格安ショップの初回来店で衣装を決めるために、式場の提携店であらかじめ下見をするようにしておきましょう。

式場提携店では基本的に試着は無料です。

ネットショップでも、店舗がないため試着がしづらいですが、好みの色打掛を先に把握することで、ネットで効率よく注文できます。

STEP1

まずは式場提携店の衣装合わせで、自分の好みのデザインや似合う色を知ることが大事です。

提携店舗では基本的に試着は無料ですので、気兼ねなく試着できます。

そして、これだ!と思う色打掛がみつけられたら写真を撮っておきましょう。

↓↓

STEP2

格安レンタルショップに足を運び、提携店で試着したものと同じ色打掛や、似たデザインの色打掛があれば、初回来店で契約します。

試着がしづらいネットショップの場合でも、見たことのある衣装であれば、安心して予約できるでしょう。

自分の好みがわかっているだけで、スムーズに衣装を選びやすくなります。

そのため、この流れで予約すれば、式場提携店舗で予約するよりも、失敗せずはるかに安くレンタルができます。

式場提携ショップでも安くレンタルする裏技

私はこの裏ワザで8万円節約できました!

式場提携店が複数ある場合は、決めた色打掛と同じものがないか、別の店舗スタッフに写真を見せて確認して、安い方の店舗と契約する方法です。

提携店舗同士でも、まったく同じ色打掛の値段が違うことがあります。

私が選んだ色打掛は、店舗Aと店舗Bで8万円の差があったため、言わずもがな安い方の店舗で契約しました。

このように、店舗によって価格が変わりますので、提携店が複数ある場合は、より安い方と契約するのがおすすめです!

まとめ

  • 式場提携店で色打掛を選ぶと高い
  • 提携外店舗で外注すれば、10万円以上節約できることも
  • 先に提携店で試着してから、提携外店舗の初回来店割引で契約すると安い
あず
あず

衣装代をお得にできた分、かわいい小物や、お料理にもお金をかけられるかも!

コメント

タイトルとURLをコピーしました